いきなり車いすの男性が

ちょうど駅で電車の扉が開くのをを列に並んで待っているとその列の中に電動車いすの男性が突入してきました。
並んでいた人たちは慌てて道を空けたのですが、その車いすに乗っている男性は片手に携帯電話を握りしめ視線は画面を向いていました。
ようするに脇見運転状態で電車に乗り込んでこようとしたのです。
その後、電車の扉が開くと我先にとばかりに電車に乗り込んで列車の真ん中でまた携帯電話を見つめているという状態でした。
なにを見ているのかなと思ったら、ゲームでした。
一般の人でもゲームに夢中になるあまりホームに転落して電車事故に巻き込まれるということはあるのですが、そういうことは車いすを乗っている人は気にしないのでしょうか。
電動車いすといえば、非常に大きくて道幅をとってしまうのですが多くの人たちは電動車いすに道を譲ることが善であると考えています。
ではその善を当然のことだと思うのが当たり前なのかなと思いました。
もし、あの電動車いすの男性が周囲の人達に「すいません。」「ありがとうございます。」
という言葉をかけていれば場の雰囲気はギスギスしたものにはならなかったのではないかと思いました。
こうした思いやりの言葉は全ての人が心がけないといけないルールなんじゃないかなと思います。
ノンエー お試し